*フェアトレードいわて(FTI)*
盛岡を中心に、岩手のみなさんにフェアトレードを知ってもらおうと活動している団体のブログです。

プロフィール

フェアトレードいわて

Author:フェアトレードいわて
私たち「フェアトレードいわて」は、岩手でフェアトレードを広める活動をしている学生NPOです。
現在、岩手大学の学生を中心に、活動しています。
主な活動内容は、
・岩手大学生協フェアトレード・ブースの企画、運営
・各種イベントへの参加
・学内での試食会の実施
・勉強会
など。私たちと一緒に活動してみませんか?

FTIのホームページへGO!!

■お気軽にお問い合わせください↓
ftiwate@yahoo.co.jp






最近の記事



カテゴリー



リンク



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フェアトレード関連の本:第一弾

フェアトレード(FT)について知りたいという人のために、FT関連の本を紹介していきます。
今回は第一弾ということで数冊。

まず、本ではないのですが、フェアトレードについて簡単に分かり易く説明しているのは、ピープルツリーやネパリ・バザーロという日本の代表的なフェアトレードの団体でしょう。
・ピープルツリー 
http://www.peopletree.co.jp/index.html
ネパリバザーロ 
http://www.nbazaro.org/indexj.htm
ネパリのHPでは、下の方へスクロールしていくと、色々と書いていますよ。
あとは、フェアトレード・ラベル・ジャパンなどもしっかりと説明しています。
http://www.fairtrade-jp.org/

<書籍>
、『クォータリー あっと』(オルター・トレード・ジャパン編集・約1000円)

 ・・・フェアトレードについて包括的に捉えています。日本で最初?にフェアトレード的試みを行ったオルター・トレード・ジャパンが作成しています。単にフェアトレードの必要性を説くのではなく、フェアトレードを始め、多くの事について多角的視点から書いてあります。多少難しいですが、読んでみる価値ありです。一年に4冊発行されています。僕の友達で盛岡に住んでいればお貸ししますので。



、『子どもたちのアフリカ ~忘れられた大陸に希望の懸け橋を~』
(石弘之さん著・1700円)

 ・・・僕がFTについて知ったのは、この本からでした。アフリカの子どもたちに焦点を当てることでアフリカの現状を鮮明に伝えています。世界のゆがみ・アフリカ社会のゆがみ、最終的な被害を被っているのは子どもたちだという事が見えてきます。フェアトレード自体についての説明は少ないのですが、なぜフェアトレードのような試みが必要なのかが実感できる本です。5つ星です。


、『コーヒー危機 ~作られる貧困~』
(オックスファム・インターナショナル著・1000円)

イギリスに拠点を置き、世界で一番有名なNGO?オックスファムによる本。普段、私たちの生活の一部を占めているコーヒー。そのコーヒーの流通過程・生産者たちの置かれている生活状況について知ってみたいと思ったら、この本でしょう。フェアトレードがメインとして書かれている訳ではありませんが、フェアトレードについての説明もあり、フェアトレード的なものの必要性が伝わってきます。

 ※上記の『クォータリー あっと』の3号がコーヒー特集を行っているので、そちらにも、コーヒーの流通の仕組みと、その影響が詳しく書いています。合わせて読むといいかもしれません。



他にも色々とあるので書いていきます。


私的なことですが、9月8日~カンボジアを中心に東南アジア行ってきま~す。20日間という短い期間ですが、色々と見てきたいと思っています。少しですが、NGOの見学もさせてもらったりと。自分では、まだ実際の活動を見たことが無いので。いつか、実際に自分がNGOとして活動してみたいとも思うので、ここでしっかりと見ておかねざいけないですね。


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://ftiwate.blog48.fc2.com/tb.php/33-11b58652
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。