*フェアトレードいわて(FTI)*
盛岡を中心に、岩手のみなさんにフェアトレードを知ってもらおうと活動している団体のブログです。

プロフィール

フェアトレードいわて

Author:フェアトレードいわて
私たち「フェアトレードいわて」は、岩手でフェアトレードを広める活動をしている学生NPOです。
現在、岩手大学の学生を中心に、活動しています。
主な活動内容は、
・岩手大学生協フェアトレード・ブースの企画、運営
・各種イベントへの参加
・学内での試食会の実施
・勉強会
など。私たちと一緒に活動してみませんか?

FTIのホームページへGO!!

■お気軽にお問い合わせください↓
ftiwate@yahoo.co.jp






最近の記事



カテゴリー



リンク



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フェアトレードって?③

フェアトレードを促進するための方法はどのようなものなのでしょうか。


一つは、フェアトレード関連会社(団体)が、フェアトレードを行っていく途上国の地域をどんどん拡大していくことが挙げられます。
しかし、生産するばかりで消費されなければ意味がありません。
主な消費国である先進国の人々がフェアトレードというものに対して意識的になり、フェアトレード商品を消費することで、フェアトレード会社は成り立ちます。
いくらフェアトレード関連会社(団体)が活動を促進して労働者を支えていこうとしても、消費者がフェアトレードを知らなければ、商品は売れません。
よって、フェアトレードについては持続的に宣伝をしていく必要があります。

多くの人々がフェアトレード自体について知っていても、商品が身近な所で手に入れられなければ、フェアトレード商品を買うことは難しいままです。
また、フェアトレード商品が身近にあったとしても、それがどこにあるのかという情報がうまく伝わらないことには消費者はフェアトレード商品を購入することができません。


そこで、私たちは、まず盛岡を中心に岩手のフェアトレード情報をまとめる必要があると考えました。
このブログの作成にもそのような意図があります。

ここから、詳しい情報を店の情報と地図を合わせた形で掲載し発信します。
また、様々なメディアを活用し、ワークショップ、キャンペーン、イベントでのフェアトレード商品の出展や、フェアトレードに賛同する店への売り込みなど様々なことを行っていこうと考えています。


まずは、盛岡の人たちにフェアトレードという言葉を知ってもらい興味を持ってもらう。
そして、興味を持ったときに、フェアトレード商品が身近なところにあり、購入できるよう情報を提供する。
このように、フェアトレードが広がっていく土壌を盛岡に作っていきたいと考えています。


フェアトレードの詳しい説明や、商品に関する情報を見ることができますので、ぜひこちらもご覧下さい。
■フェアトレード・ラベル・ジャパン
フェアトレード・ラベルの普及活動や貿易業者や販売者とFLOの仲介、生産者支援等を行う、特定非営利活動法人。
■ピープルツリー
フェアトレード商品が多くの人々に受け入れられるようデザインやマーケティングを支援し、実用的で魅力ある商品を提案する企業。
■ネパリ・バザーロ
ネパールを中心としたアジア諸国の、ハンディクラフト製品や食品の企画・開発を行い、継続的に輸入を続けることによって、現地での就業の場の拡大を目指す団体。


コメント

ブログ開設おめでとうございます。
この度、新規にブログの検索&ランキングサイト立ち上げました。
ブログを拝見させていただき、内容もよく、大変よくできているブログであると感じました。
このブログを【bitz】に登録して、もっと多くの人に読んでもらいませんか?
各カテゴリ上位のブログにはトップページから直接リンクされるので、
多くのアクセスとSEO効果が期待できます。
宜しくお願い致します。

ヵヮィィ☆ブログランキング【bitz】
http://bitz.tv/brank/

参加をお待ちしています☆
[2006/01/26 08:23] URL | ヵヮィィ☆ブログランキング #- [ 編集 ]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://ftiwate.blog48.fc2.com/tb.php/2-e083c3ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。